アパマン経営で高利回り物件を検索する方法

アパート経営の一括見積り

土地の活用方法にお困りの方にピッタリなサービスはこちら

土地活用全般

土地を売るのちょっと待った!あなたに有効な土地活用方法が見つかるかも?

更新日:

あなたの土地は有効活用していますか?

せっかく相続した土地を遊ばせてしまっては勿体無いですよね。
土地売却を決断してしまう前に
土地活用について一緒に考えてみませんか?

土地博士
あなたにあった土地活用がきっと見つかります!

あなたにとって有効な土地活用とは?

そもそも土地活用って?

土地は所有しているだけではメリットはあまりありません。
それどころか、余計な税金が掛かってしまう為
せっかく相続したのに支出ばかりです。

土地活用とは、
所有している土地などでオーナー様の目的に見合った方法で有効に土地を活用
することをいいます。

気軽に始めることができるものから
ハイリスクなものまで、活用方法は様々です。

もちろん、なにを選んでも成功する訳ではありません。
その土地の広さ、立地、オーナー様の目的によって、
成功への道は大きく変わります。

売却することのリスク

土地を売却すれば、土地が現金化される為、
まとまったお金を必要とするならば売却する方がいいでしょう。

ですが、土地を売却してしまうと
土地の権利を放棄することになりますよね。

マイホームを建てたくても土地を売ってしまったら、
また土地から購入する羽目になります。

さらに土地を活用し、収入を得ることもできなくなってしまいます。

土地売却することもリスクは付き物です。

土地活用の種類を見てみよう♪

実際に土地活用の種類どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

主な土地活用の種類早見表

土地活用方法 向いている土地 メリット デメリット
アパート・マンション経営
  • 交通の便が良い
  • 利用者が見込める地域
  • ある程度の広い敷地
  • 長期的な収入が見込める
  • 節税効果
  • インフレに強い
  • 空室になる可能性
  • 家賃滞納
  • 災害リスク
駐車場経営
  • 周囲に集客施設がある
  • 路上駐車してる車が多い場所
  • 人や車の交通量がある
  • 狭小地でも経営可能
  • 短期間で開始可能
  • 初期費用軽減
  • 節税効果は見込めない
  • 収入額が少ない
太陽光発電
  • 周囲日照を妨げるものが無い
  • ある程度の広い敷地
  • 大雪がふらない地域
  • 環境に優しい
  • 管理が簡単
  • 節税対策
  • 売電価格が年々減少
  • 設置費用が高い
  • 自然災害で壊れる可能性
コンビニ経営
  • 幹線道路沿い
  • 駅が近い
  • 人通りが多い
  • 高い収入性が見込める
  • 地域の貢献ができる
  • 素人でも経営がしやすい
  • 中途解約の可能性
  • 収入が経営に左右される
戸建賃貸
  • 土地がベットタウンにある
  • 地域の治安が良い
  • 狭小地や変形地でも活用可能
  • 空室率が低い
  • 入居期間が長い
  • メンテナンスが手間
  • 隣人トラブルがお起こりやすい
  • 初期費用が高額

表を見ても分かるように、土地活用には種類により特徴がある為、
向き不向きがありメリットもあればデメリットもあります。

目的を決めた土地活用

土地活用をするには必ず明確な目的を決めなくてはなりません。

目的を明確にすることにより、
自分にあった土地活用を見いだせることができるからです。

目的は人それぞれですが、
主に土地活用をする理由として以下のことが挙げられます。

節税対策

日本にはあらゆる税金が発生します。
土地も、所有しているだけで
固定資産税都市計画税がかかってしまいますよね。

土地を活用することにより、
新たに税金が発生してしまう場合もありますが、
節税対策も可能なのです。

収入を得ながらも税金の軽減が可能。
こんなにも嬉しい話はないでしょう。

どの活用方法でも節税対策ができるわけではない為注意が必要です。

節税対策に最も効果があるといわれている活用方法は、
アパート・マンション経営です。

アパマン経営では「所得税」「住民税」「相続税」
がそれぞれ対策できます。

アパマン経営の節税対策といえば
1番の魅力は「相続税対策」でしょう。

なぜなら相続税は、平成27年1月より
相続税の基礎控除額が引き下げられ、
今まで無縁に感じていた人も身近な問題になっているからです。

相続税について詳しくはこちら

なぜアパマン経営は相続税対策になるのか

自分の所有している土地で
アパート・マンションを建てることによりその土地が、
自由に使いづらくなってしまう
ことからその土地や建物の評価額が下がります。

財産の評価額は相続税に大きく影響してくる為、
評価額は低いに越したことはありませんよね。

ですが、所有している土地でアパマン経営をすれば
必ず相続税の節税対策になるというわけではありません。

先程の表にもあるようにアパマン経営の
デメリットとして挙げられていますが、
空室が続いてしまうと収入が得られなくなってしまうことはもちろん、
空室が続いてしまうことにより評価額が低くならない場合
もあります。

相続税の節税対策として
アパマン経営を考える人は多いですが、
建物を建てれば終わりではないので注意が必要です。

つまり、どんなに広い土地を所有していても、
立地が悪かったり利用者が見込めない地域で
相続税の為だけにアパート・マンションを建てても、
結果収入も見込めなければ節税対策にもならないということになります。

短期間の間つなぎをしたい

 

土地活用は種類によって、簡単に更地に戻せないものもあります。

マイホームを建てる予定がある、
ゆくゆくは賃貸経営をしたいが今は資金不足でできないなど、
次の用途が決まっていてそれまでの期間、
短期で経営をしたいと考える方は駐車場経営が良いでしょう。

駐車場経営は初期費用が軽減できることからも、
経営をするにあたってリスクが低い為
気軽に始めることができるのも魅力の1つです。

最短で1ヶ月から経営を可能にする会社もあります。

短期間でも収入になるのであれば、
更地にしておくのはもったいないですよね。

老後の為の土地活用

少子高齢化が問題の今、年金の支給額が
どんどん下がっているという話はよくテレビでも耳にします。

定年退職した後もアルバイトとして
働き続ける高齢者が実際にいるのも現状です。

元気なうちなら働き続けることもできますが、
体が言うことを聞かなくなってしまったら、
年金だけで暮らしていかなければなりません。

住宅ローンがまだ残っていたら?
賃料が払えなかったら?不安はつきませんよね。

そういった事態を避ける為に、
老後の為の資金運用として土地活用をする人も増えています。

老後の最低日常生活費は月額で平均22万円
ゆとりのある老後生活は月額平均34.9万円
といわれています。
(※公益財団法人 生活文化センター「生活保障に関する調査」より参照)

せっかく土地という財産をお持ちであれば、
年金以外にも土地活用で収入を得て
ゆとりのある老後を送ってもいいのではないでしょうか。

自分にあった土地活用とは

目的が明確にあったとしても、
立地の問題でやりたいと思う土地活用ができなかったり、
資金の問題でできないなど土地があるからといって
なんでもできるわけではありません。

思い通りにいかなくても、諦めずに
一括見積サイトなどを使い自分に合った活用方法を見つけてみても良いでしょう。

相談にのってくれる会社がほとんどなので、
悩んだ場合や、どうしていいか分からない場合など
プロにお任せするのが1番確実で
なおかつ手早に決まるのではないでしょうか。

様々な土地活用比較サイトがありますが、
失敗は許されない!土地活用業者の選び方こちらの記事で紹介している
土地活用一括見積サイトは土地活用について
まだ悩んでいる段階の方でも、
相談だけでもすることが可能なので
是非チェックしてみてください。

最後に

土地を売却するのも、確かに1つの手段ですよね。

ですが、活用方法は沢山あり、
まだ気付いていない、あなたに合った活用方法があるかもしれません。
売却を検討している方は、
一歩踏みとどまって考え直してみてはいかがでしょうか。

-土地活用全般

Copyright© アパート経営の一括見積り , 2019 AllRights Reserved.