アパマン経営で高利回り物件を検索する方法

アパート経営の一括見積り

土地の活用方法にお困りの方にピッタリなサービスはこちら

土地活用全般

土地活用方法はこんなにある!土地活用の種類4総まとめ

更新日:

土地が余っている、固定資産税ばかり取られてしまってなんだか勿体無いな、、

土地活用という言葉は知ってるけど実際どうしたらいいのか分からない。

余計なお金ばかり掛かりそうで怖い、、

などなど、そういった悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

土地博士
何もしないで遊ばせている土地をお持ちの方、どうしようか迷われてる方、是非参考にしてください♪

遊ばせてる土地を活用しよう!!

土地活用方法1:売却する

売却と聞いても、なかなか一歩踏み出せませんよね。
せっかく自分の土地があるのに手放してしまうのは簡単に決心出来ないでしょう。

ですがメリット、デメリットを知っておくだけでも考え方はガラッと変わるかもしれません。

売却にあたってのメリット

・メリットその1「現金化する事が出来る」

土地という立派な財産があっても、遊ばせてしまっている土地の場合、
税金だけがどんどん取られてしまいますよね。

売却する事により現金化が出来るので、
借金の返済にあてたり、老後の貯蓄にするといった事も出来るのです。

・メリットその2「税金の負担が軽減」

土地を保有しているだけで納めなければならない税金は
固定資産税と都市計画税が挙げられます。

何も使っていないのに、税金だけはずっと支払わなければいけない、、
仕方ないと分かっていても、なんだか馬鹿馬鹿しいと思っている方もいるのではないでしょうか。

土地を手放す事により、そういった税金の支払いが軽減されます。

売却にあたってのデメリット

・デメリットその1「安定した収入を得る機会を失う」

もちろん、土地を手放す訳ですからメリットばかりではありません。

手放すという事は、土地活用をしての収入得る機会を失ってしまう事になります。

土地活用をして成功すれば大きな収入源となりますので、手放してしまうのは勿体無い気もしますよね。

・デメリットその2「売却にもかかる税金」

売却をするだけでも、印紙税、所得税、住民税が発生してしまいます。
売却で売れた金額全てが手に入る、といった訳ではないという事です。

土地活用方法2:駐車場経営する

経営が簡単と言われている駐車場経営。
土地をお持ちの方は、一度くらい興味を持った事もあるのではないでしょうか。

駐車場経営にあたってのメリット

・メリットその1「狭い土地でも経営が可能」

駐車場経営はどんなに土地が狭くても、車一台停める事が出来れば、経営が可能となります。
狭い土地だからといって何も出来ない訳ではないという事です。

・メリットその2「初期費用や資金を抑えられる」

経営をしたいけど資金が無くて悩まれてる方いらっしゃいませんか??

駐車場経営であれば、簡単な作業だけで開始する事が出来る為、人件費等も抑える事が可能です。

その分、運営にあたっての初期費用や資金を抑える事が出来ます。

・メリットその3「転用や更地に戻すことが簡単に出来る」

駐車場経営はその土地を簡単に転用や更地への復帰が出来ます。

今は使ってない土地だけど、今後どうなるか分からないから手放したくない
いつかは賃貸経営をしていきたいと考えてるが、まだ資金不足だから何も出来ないでいる
など、駐車場経営なら今後の選択肢も視野に入れながら経営をする事が出来ます。

駐車場経営にあたってのデメリット

・デメリットその1、「収入がかなり左右される」

例えば、月極駐車場で20台停めれるとします。
全台契約出来たとしたらかなりの儲けになりますね。

ですが、そう簡単な話ばかりではありません。
契約者がなかなかいなかったら、
コインパーキングでも利用者がいない、閑散としてる駐車場だったら、、
赤字経営にもなりかねませんよね。

低リスクで出来る駐車場経営ではありますが、投資額が少ない分利益も少ないと考えて良いでしょう。

・デメリットその2、「税金の負担」

駐車場は土地扱いと同じになります。
そのため、課税される金額が大きくなってしまいます。

月極駐車場、コインパーキングによっても税金が掛かる金額は違ってきます。

土地活用方法3:トランクルーム

最近ではCMでもよく見る機会が多いトランクルーム。
主に自宅に置ききれない物を、置いておくのに使用される事が多いと思います。

トランクルームを経営するにあたってのメリット

・メリットその1「土地の形状や立地を気にせず運営」

トランクルームはどんな形状の土地でも運営する事が出来ます。

例えば、ある程度のスペースはあるが駐車場として車を停める事が出来る幅がない
ある程度の広さはあるが、日当たりも悪く賃貸経営には向いていない
そういった他の運営では向かない条件であっても、
トランクルームなら気にせず運営する事が出来ます。

メリットその2「管理の手間が軽減」

トランクルームは実際に人が済むわけではないので、入居者とのトラブルが避けられます。
さらに、集客やメンテナンスは管理会社にお任せする事も出来るので
手間がかからず運営する事が出来るのです。

さらに、賃貸とちがって、水道やガスを通す必要もありません。
そういった理由から初期費用も抑える事が出来ます。

トランクルームを経営するにあたってのデメリット

デメリットその1「満室になる道のりが長い」

トランクルームの集客は業者の方が行ってくれる場合が多いですが
利用者が増えない限り利益は出ません。

満室になるまで時間はかなりかかると言われています。

そうなってしまうと、なかなか収入に繋がりません。

デメリットその2「多少のトラブルも付き物」

賃貸とは違い、人が済む訳ではない為トラブルは少ないですが
多少のトラブルは付き物です。

利用者からは荷物に対するクレームがほとんどと言われています。

また、トランクルームは人の出入りがあまりない為
治安が悪くなってしまうケースも考えられます。

そういった場合も、近隣の方から直接オーナー様にクレームがいってしまう場合もあります。

土地活用方法4:アパート、マンション経営

立地条件が良かったり広い土地をお持ちの方は、
アパート、マンション経営し、安定した収入を得たいなと思いますよね。

成功したら大当たのアパート、マンション経営についての
メリット、デメリットをご紹介致します。

アパート、マンション経営するにあたってのメリット

メリットその1「大きな収入源になる」

アパート、マンション経営をするにあたって
一番のメリットは大きな収入源になる事です。

もちろん、成功したらの話ですが失敗するつもりで経営を始める人はいません。

満室が続く人気物件になれば長期に渡っての安定した収入を得る事が出来ますね。

メリットその2「節税が出来る」

賃貸住宅の場合、駐車場などの非住宅用地と違い
税金が軽減されるメリットがあります。

経営が成功すれば大きな収入源にもなりますが、もちろんその分デメリットも存在するのです。

アパート、マンション経営をするにあたってのデメリット

デメリットその1「空室が出てしまう」

アパート、マンション経営も、利用者が必ずいる保証はありません。

空室が続いてしまうと、その分の収入も低くなってしまいますよね。

建物を建ててる訳ですから、それなりの初期費用や資金が掛かっています。
当然ローンも組む事になるでしょう。

収入が低くなってしまう事は、赤字経営にもなってしまう可能性が十分にあると言えます。

デメリットその2「建物の老朽化、災害対策」

建物なので必ず老朽化は付き物です。
ある程度のリフォームも出来ますが、本格的に立て直すとなると
また資金が掛かってしまいます。

老朽化にともない、賃料を下げなければ入居者の足は離れてしまいます。

また、災害への対策も怠ってはなりません。

地震や台風の影響で地面が陥没してしまったり、浸水してしまうリスクは十分あります。

自然災害で建物が被害にあってしまう場合のリスクは付き物です。

最後に

いかがでしたでしょか。

土地活用と一概にいっても種類は様々。
他にも「戸建賃貸経営」、「太陽光発電」、「事業用賃貸」
など、まだまだ沢山あります。

どうしていいか分からない方も、土地活用方法が決まっている方も、
一度専門の業者の方と相談することをお勧めします!

失敗は許されない!土地活用業者の選び方こちらでは様々な企業を紹介している、お勧めの一括サイトを紹介しています。

是非参考にしてみてください。

-土地活用全般

Copyright© アパート経営の一括見積り , 2019 AllRights Reserved.