アパマン経営で高利回り物件を検索する方法

アパート経営の一括見積り

土地の活用方法にお困りの方にピッタリなサービスはこちら

土地活用全般

狭い土地を活用して収益化!狭小土地の活用方法と失敗しないための手順

投稿日:

所有している土地を遊ばせてしまっている人の多くが、この土地を使い収益を得ることができないかと考えるでしょう。

土地活用をしみようとも始め方が分からない、赤字になることを恐れてできないなど、1歩踏み出せない理由は人によって様々ですよね。その中でも以外と多い理由が、「土地が狭いから、どうせなにもできない」と諦めてしまっているパターンです。確かに土地活用について調べてみると、賃貸経営や駐車場経営、テナント経営などある程度広い土地があってこその活用方法はよく見ます。それらは土地活用の王道かもしれませんが、狭小土地だからこそできる活用方法は意外とあるのです

狭小土地で失敗しない土地活用をしお持ちの土地を収益化しましょう!

狭小地だからこそできる用方法をご紹介!

そもそも狭小地とはどのくらいのスペースかご存知でしょうか?

狭小地について調べてみたところ、”明確な定義はないが20坪以下(または15坪以下)の狭い土地を指すことが多い”(まるわかり注文住宅参照)だとか。20坪~10坪ほどであればデザイン次第で住宅を立てることも可能でしょう。ですがもっと狭い土地を所有している人も沢山います。「こんな狭い土地でなにができるのか」と疑問に思う方、実は土地活用はあなたの身近なところでもされていたりします。

活用方法その1 自動販売機設置

誰もが1度は利用したことがあるであろう自動販売機も土地活用として設置している人もいます。自動販売機設置であれば、スペースが狭くてもなんの問題もありません。
よく2.3台横に並んで設置してある自動販売機もありますが、土地活用の自動販売機であれば1台でも十分でしょう。

絶対条件

土地活用で自動販売機を設置するにおいて、まず1つだけ絶対条件があります。それは人通りがある場所であることです。自動販売機を設置するにはメーカー側が喜んで引き受けてくれる場合がありますが、条件として人通りがちゃんとある場所になります。人通りがなくては設置しても売れるわけがありません。必ずお持ちの土地の立地を理解しておく必要がありますね。

利益とは

実際に自動販売機を設置するとどのくらいの利益を得ることが可能なのか気になりるところです。先程もお話ししたように、自動販売機の設置は基本メーカー側が行ってくれることが多いです。そのため設置費用などのコストはかかりません。自動販売機を自分で購入して自分で設置をする方法もありますが、メーカーにお願いすることが多いでしょう。

自動販売機は、1本売れるごとに20%の利益を得るとされています。100円のドリンクが売れれば20円が自分の利益になりますね。ただこの金額もメーカーによって違ってくるため、設置を考えているのであればどこのメーカーにお願いするかはよく考えた方がよさそうです。

負担費用

自動販売機には1つ自分で負担しなければならない費用がでてきます。それは電気代です。24時間いつでも利用可能な自動販売機は1ヵ月に5000円前後の電気代が掛かるとされています。そのため、自分にとってプラスの利益を得るためには電気代以上の利益を出さなくてはいけませんね。
そう考えても、土地活用で自動販売機設置は売上が見込める土地でなければ全くの利益になりません。近くに学校がある、オフィス街に土地がある、周りが集合住宅なんかだと向いている土地といえますね。

活用方法その2 コインロッカー

駅の近くや観光地の近くなどによく目にすることがるコインロッカー。こちらもお持ちの土地で経営することができます。コインロッカーを置く台数によっては狭小地でも十分ですよね。

週末祝日になるといつ見ても全て埋まっていることもざらにります。近年日本では海外から遊びにくる観光客も多く、コインロッカーの需要はどんどん大きくなるでしょう。

向いている土地

言うまでもないですが、利用者がいないだろうと目に見えて分かる住宅街に設置しても収入を得ることはできないですよね。

コインロッカーは荷物が邪魔だと感じる時に利用することがほとんど。駅の近くのスペースはもちろん、観光地の近くに土地をお持ちであればとてもニーズは高いですね。人気観光施設なんかは施設内にあるロッカーが全て埋まってしまうこともあるので、そういった利用者を狙うのも手でしょう。他には、繁華街でもコインロッカーはよく目にしますから、賑わいのみせる地域に狭小地をお持ちの方にも向いているでしょう。

経営方法

コインロッカーを経営しているほとんどの方がフランチャイズ契約となります。分からないことだらけだと思いますが、業者に聞けば色々なことを教えてくれるでしょう。

コインロッカー経営は、フランチャイズ契約で進めていくことになりますが、ロッカー自体は自分で購入しなくてはなりません。そういった点を含めると経営するには初期費用200~300万円掛かることあります。ロッカーの数にもよりますが、3桁はのってしまうことが多いようです。設置さえ住んでしまえば後は利用者が好きな時に利用するだけなので特に労力は掛かりません。たまにの見回りは行ったほうがいいでしょう。

利益はでるのか

コインロッカーといえば200~300円、キャリーバックも問題なく入る大きさなら500~600円くらいですよね。例えば全て200円のロッカーを4列5段で経営しているとしましょう。全て1回は利用されているとして1日4000円売り上げていることになり、それが毎日続けば4000円×30日=120000円の売り上げを出すことが可能ですね。ですが、ここから契約料などでだいたい半分は引かれます。そうなると単純に考えこの場合は60000円の利益を出すことになります。ここから初期費用を払っていく方は、その分の額も引くことになりますね。

コインロッカーでがっつり利益を得る、というよりは、どうせ使っていない土地があるならお小遣い程度稼げればOKといったスタンスで始める方が良いでしょう。

狭小地の方法はこれだけではありません!

駐車場経営

以上の2点はかなり小さなスペースでも経営が可能です。そこまでは狭くはないけど、、という方にもお勧めの活用方法にまず駐車場経を挙げられます。駐車場経営は冒頭でお話ししたように、ある程度の広さがなければ利益は作れないと思いがちですが、場所によって、コインパーキングであれば需要はあるでしょう。たった1台でも経営可能な駐車場経営。初期費用も比較的安く、短期間の経営でも大丈夫なため気軽に始めることができますね。

駐輪場経営

駅の目の前の駐輪場っていつみてもうまってます。駐輪場経営は駅から多少離れていても需要があります。時間利用にしてしまえば、利用者が停めている時間によって利益も変わってきます。1台ずつ固定される機材を導入してもいいですし、あまりお金を掛けたくなければ出入口だけしっかりと作り、更地状態の駐輪場もあります。

看板・広告設置経営

看板・広告経営は狭小地の土地活用で始める人も比較的多いです。方法も業者にお願いすることが出来るのでとても楽ちんに始めることができます。簡単とはいっても法規制などが関係してくるため、事前のした調べは大切です。無事に1度契約を結ぶことが出来れば安定した収入を得ることができると言われています。

土地活用を失敗しないための手順

土地活用をするのであれば失敗は許されません。失敗に終わってしまうと、今後の人生に大きな影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

土地活用をする手順は活用方法によって様々でしょう。ですが、どのどんな土地活用でも共通することは業者選びを怠らないことです。お願いする業者はあなたの土地のパートナーになりますから、簡単には決めてはいけません。悪徳業者もいれば、あまり知識がない業者もいます。
一目で選んでしまうのではなく、いくつか候補を出して、話しを聞いてここなら大丈夫だ!と思える所にお願いすることが、失敗しないための1番大切な手順でしょう。
失敗しない業者選びについてはこちらの失敗は許されない!土地活用業者の選び方を是非参考にしてみて下さい。

-土地活用全般

Copyright© アパート経営の一括見積り , 2019 AllRights Reserved.