アパマン経営で高利回り物件を検索する方法

アパート経営の一括見積り

土地の活用方法にお困りの方にピッタリなサービスはこちら

土地活用全般

田舎の土地活用方法を紹介!その中で最もおすすめなのはコレです

更新日:

土地をお持ちの方なら誰でも考えた事があるだろう土地活用は、
今注目されており、成功すれば大きな収入源にもなりますよね。

所有の土地を更地のまま遊ばせているだけでは、
全くの利益になりませんし、固定資産税が掛かるばかりで、
メリットはあまりないでしょう。

土地活用は土地の立地により経営方法や、収益も変わってきます。

人気の街ランキングなんかでよく目にする地域に、
更地の土地をお持ちであれば
アパート、マンション経営にうってつけですし、
近くに観光施設がある場合は駐車場経営が思いつくでしょう。

私の土地は田舎で立地が悪いから、、
と、諦めてしまっている方必見です!

田舎に土地をお持ちの方に、おすすめの土地活用方法をご紹介致します。

土地博士
あなたに合った土地活用方法を一緒に見つけましょう!

田舎だからと諦める前に!知っておきたい土地活用方法6選

田舎でも需要あり!賃貸経営

田舎で賃貸経営と聞いても、
あまりピンとこない方もいるのではないでしょうか。

ですが田舎の賃貸経営は、
土地がある地域のニーズさえ把握してしまえば需要がある
と言えるのです。

賃貸経営その1、戸建住宅

移住という言葉は誰もが聞いた事がある言葉ですよね。
田舎に暮らすと、健康的になる、生活費が抑えられる、子育てがしやすい
などといった理由から、田舎に移住する方も少しずつ増えてきています。

また、周辺に企業がある場合は転勤者などを狙う事も出来ます。

戸建住宅の場合は住宅ローンを組む事もない為、
そういった金銭面のリスクを避けたい方にも需要があります。

戸建住宅のメリットとして、「高い収入性が見込める」事が挙げられます。
理由としては、戸建なので賃料を高く設定する事が出来るからです。

戸建住宅を借りる方は、家族連れの場合がほとんどなので
長い入居期間が見込めるでしょう。

入居者がいれば安定した収入源になる戸建住宅ですが、
入居者が見つからない場合は空き家になる為、
その間の収入は0になってしまうリスクもあります。

土地活用の王道、アパート・マンション経営も考えた事がある方も多いのではないでしょうか。

近くに工場があったり大学がある場合は
アパート・マンション経営も向いていると言えますが、
そういった理由がない限り、アパート・マンション経営の成功は難しいでしょう。

賃貸経営その2、サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者住宅とは皆さんご存知でしょうか。
その名の通り、サービスが付加している高齢者用の賃貸住宅です。

自然豊であり、静かで過ごしやすい田舎は高齢者の方にも人気があり、
老後には田舎に移住したいと考える方も多いようです。

また、子どもが遠くに引っ越してしまったり、
夫婦どちらかが先立ってしまい、
1人で住まざる得ない高齢者も多いのは現実です。

もちろん、身体が元気なうちは1人でも問題ないでしょうが、
年を重ねるごとに、生活に少しだけ不自由が出てきてしまう方もいるでしょう。
そうなると、24時間1人きりで生活していくのは不安ですよね。

社会貢献の一環ともなるサービス付き高齢者向け住宅は
そういった方々の手助けになる事が出来るのです。

それって老人ホームとどう違うの?
と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

この違いとして挙げられるのは、
サービス付き高齢者住宅はあくまでも住宅(賃貸住宅)
であり、有料老人ホームは介護施設となります。

その為、契約方法にも大きな違いがあるのです。

サービス付き高齢者住宅は先程お伝えしたように、
あくまでも高齢者向けの賃貸住宅となります。
これは、通常のアパート・マンション経営と同様に、
オーナーと入居者で賃貸契約を結びます。

サービス内容は、契約したサービス事業者が提案する事がほとんどなので
一概に言えませんが、安否確認(食事はとれているか、体の調子はどうか)
や生活相談が挙げれます。

一方で有料老人ホームは、オーナーと入居者が利用権契約を結びます。
入居者が一時金を払い、その後の施設のサービスを受ける権利などが得られます。

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとして、
社会に貢献できる、駅から遠い土地でも需要がある
(サ高住を利用する高齢者の方は頻繁に遠出が出来ない為)
長い入居期間が見込める、補助金がでるなどがメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、入居者の家族などが遠い地域に住んでる場合、
頻繁に面会にも行けない為都内のサ高住に行かせたがってしまう可能性がある。
広い土地でないと利益が上がりづらい。
サービスを行ってくれるスタッフがいなくては経営が出来ない。
などが挙げられます。

田舎だからこそ有効?太陽光発電

田舎の土地活用でも有効な手段だと考えられる、太陽光発電。
見かけたことがある方も多いでしょう。

ですが、太陽光発電は場所を選ぶ為、必ず確認が必要です。

太陽光発電に向いている土地とは

太陽光発電は、その名の通り日照が無ければ意味がありません。
もちろん、あまり日照がない土地でも発電は可能ですが
日照時に比べると割合はかなり低くなり効率も悪く、賢い方法とは言えませんね。

そういった点で考えると、高層ビルやマンションが多い都内に比べると
田舎の方が向いてるでしょう。

ですが日照を遮る山が近くにあったり、パネルを遮ってしまう地域
(枯れ葉が溜まりやすい場所や、冬場に雪が多くふる地域)
には、太陽光発電は向いていないでしょう。

さらに、太陽光発電機をしっかりと設置する必要がある為、
地盤が強いかどうかも大切です。

産業用太陽光発電で安定した収入が見込める

太陽光発電と聞くと思い浮かべるのは、住宅の建物の上に
設置(住宅用太陽光発電)してあるタイプではないでしょうか。

太陽光発電は建物の上だけでなく、更地の土地(野立て)
に直接設置する事も出来ます。

土地活用で太陽光発電を設置する場合、ほとんどが
この野立て太陽光発電になります。

住宅の屋根に設置する場合と比べると野立ての方が
十分な設置面積となります。
その為、大抵の野立て太陽光発電は10Kw以上になるでしょう。

10Kw以上の太陽光発電の事を「産業用太陽光発電」といいます。

住宅用太陽光発電は電力を生活において使用するガスなどに使える為
節約になりますし、余った電力は売電する事も可能です。

ですが、売電出来る電力の量は決まっているため、余った電力全てを
売電する事は出来ません。

それに比べ産業用太陽光発電は基本的に売電する事がメインになります。
平成24年7月1日より、発電した電力が全て売電可能になった為
ある程度の安定した収入を見込めるでしょう。

立地により向いてる活用方法

限られた立地条件になってしまいますが、
ある程度の条件が揃っている方にはこんな活用方法もございます。

観光施設が近くにあるなら、駐車場経営

土地の広さを選ばない駐車場経営は土地活用でも人気の種類となっております。
駐車場経営は利用者がいない土地で経営しても意味はありません。

観光施設などが近くにある場合は、観光客の駐車スペースとて需要があるでしょう。

土地を貸すだけで経営出来る、コンビニ経営

人通りが多い地域に広い土地をお持ちの方は
駐車スペースが設けられるコンビニを経営する事も出来るでしょう。

田舎の場合、車移動する方が多い為、幹線道路造に
土地をお持ちの方はさらに向いているでしょう。

置き場がなくて困ってる会社がある場合は、資材置き場

近くに会社や工場があり、資材を置く場所に困っている場合に有効なのは
資材置き場として土地を貸す事も可能です。

更地であれば土地をそのまま貸すだけなので
初期費用などの投資額は掛かりませんが、
高い収入性は見込めないでしょう。

土地活用をするなら

まとめ

結局のところ、どれが1番いいのか、それは断言できる事ではなく、
その土地の立地やそれぞれのメリット・デメリットをよく確認し
決める事が大切でしょう。

もちろん、必ずしも土地活用しなくてはいけない訳ではありませんし、
売却する方法もあります。

土地は大切な財産です。
後々後悔しない為に、1人では決めずにご家族や周りの人に相談する事も大切です。

土地活用について相談出来る会社も今では多くなっています。
失敗は許されない!土地活用業者の選び方
こちらを参考に、土地活用について相談してみてもいいでしょう。

-土地活用全般

Copyright© アパート経営の一括見積り , 2019 AllRights Reserved.